心療歯科への取り組み

 近年、『病気を対象にする西洋医学』だけでは解決できない様々な症状をもつ患者さんが増えてきています。
 例えば、レントゲン、CT等のデータに異常が見当たらない原因不明の不定愁訴(頭痛、耳痛、肩こり、腰痛など)で悩んでいる患者さんは、内科、整形外科、耳鼻科等の多くの病院を受診し、治らなければ“タライ回し”されたあげく、心療内科を紹介され“心の病”として処理され、多くの“さまよえる患者”を作っているように感じています。

 心療歯科って聞いたことがありますか?心療歯科とは歯科的ハンディキャップで心が病んでいる人を歯科治療によって治す分野を言います。
 歯並びが悪いために消極的になり心まで病んでいる方、口臭で悩んでいる方、恐怖心のあまり歯科医院に行けない患者さんを治す診療科です。

 一例をあげると顎関節症です。顎関節症とはアゴの関節の病気で、主な症状は、口を開ける時に痛みがあったり、開けることができなかったり、カックという音がしたり、ガクガクして上手に開け閉め出来なかったりしますが、前述の原因不明の不定愁訴(頭痛、耳痛、肩こり、腰痛など)の多くが顎関節症のひとつの症状です。
 原因は噛み合わせの異常、ストレス等様々ですが、噛み合わせを調整したり、治療装置を入れたり、カウンセリングにより治る場合が多いです。
 しかし、頭痛、耳痛、肩こり、腰痛では歯科医院を受診しません。そこで、「決して心の病ではない」と思っている原因不明の不定愁訴で悩んでいる方は、一度歯科医院を受診してはいかがでしょうか?

 特に当院では、従来の西洋医学的な手法ばかりではなく自然治癒能力を高める東洋医学的手法である『気操法』やカウンセリング、ストレッチ等をあわせて活用して、このような西洋医学だけでは解決できないと思えるような症状のほとんどを短期間で治癒に導いております。

野口歯科医院
野口 道生