治療例

当院では『おまかせ治療』はありません。
下記のような治療理念のもと、「一生自分の歯で過ごしたい」という願いを実現させるためにはどうすればよいかをお互いに考え、いくつかの治療手段の中から最善の方法を選択し、実践することにより多くの成功例をおさめております。
以下は患者さんとの二人三脚で様々な困難を乗り越えて成功した治療例です。

治療理念
歯周病
術前 術後
歯周病 歯周病

重度の歯槽膿漏です。初診時の歯肉(歯茎)は、強い炎症のため赤くはれて、抜歯になるほど歯がグラグラしています。
それが徐々にピンク色に変化し、それに伴ってグラグラしていた歯がしっかりしてきて、何でも噛むことができ るようになりました。
術前と術後(約1年3ヶ月後)を比較すると別人のように思えるほどに治っています。
当院独自の治療方法により、重度の歯槽膿漏の場合でも、抜歯せずに治した症例です。

歯根破折
術前 術後
歯周病 歯周病

術前で見られた歯が折れている部分の黒いところが、消えています。
歯の周囲の骨が再生し、治ったことを意味しています。
このような場合、通常では抜歯になる所ですが、当院独自の工夫により抜歯せずに治ったものです。

歯根破折
術前
歯周病 歯周病
2ヶ月後
歯周病 歯周病
4ヶ月後
歯周病 歯周病

歯の根が破折した(折れた)場合、通常では抜歯になります。しかし、当院独自の工夫により抜歯せずに治した症例です。
歯の根の先端付近の黒い部分が徐々に消えていく様子がうかがえます。これは、傷んで無くなった骨が再生したことを意味しています。

歯根破折
術前 術後
歯周病 歯周病

術前の写真では、歯の根が真っ二つに割れています。通常では抜歯するしかありません。
術後、コラーゲン再生治療により骨再生が起こった所見が確認出来ます。
抜かずに治すのは不可能と、歯科医師の誰もが思うような治療例ですが、抜かずに治りました。

骨の再生
初診時 9ヶ月後
歯周病 歯周病

術前にあった歯の根の周囲の黒くなった部分が、消えて無くなっています。これは、歯の根を支えている骨が再生したことを意味しています。
歯を支えている骨がとけてなくなっている場合は、歯がグラグラしているので、通常では抜歯するしかありません。
当院独自の治療方法にて抜歯せずに治した症例です。

根尖病巣
初診時 1年6ヶ月後
歯周病 歯周病

術前に見られた歯の先端付近の黒い部分(根尖病巣)が術後に消えて無くなっています。
これは、歯の先端付近にあった病巣(骨がとけてなくなった)が、きちんとした治療を行ったことにより骨が再生して治ったことを意味しています。
歯を長持ちさせるには、きちんとした治療が必要です。


ページトップへ
TOP
インフォメーション
治療例
診療科目